2017年03月28日

パン祭りと木蓮。

私の中で、好きな花ランキングの順位が久しぶりに変わりました。
木蓮が1番です。
ちなみに2位はアジサイ、3位はバイモユリです。
アジサイはざっくりとアジサイなのに、ユリじゃなくバイモユリ指定ということには突っこまれると困りますが。。

木蓮、畝傍山


見てるだけで、なんだかとってもモヤモヤして、たまらん感じになる花がいいのです。
木蓮が散る時の美しくない様がいい。
あまり共感をしてもらえないのはわかってるんやけど。

そして、春といえばパン祭。今年で25周年を迎えます。
恒例、春のパン祭。

相変わらず微妙な出来栄えのパンを焼き続けています。
こんだけやって上達しないというのはどういうことなのか?

posted by トモ at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

木工教室です。

近頃ずっと試行錯誤していた木工教室をおそるおそる始めます。

http://18factory.com/workshop3.html
椅子張り丸座椅子


3月18日(土)9:30〜12:00
料金 1脚6,000円(材料費、道具使用、指導料込み)
丸張り座椅子の価格は選ぶ生地によって、価格が変わります。(+500〜1000円)

詳しくはhttp://18factory.com/workshop3.html

木の座椅子作り木工教室


いつもはお店のオープンに合わせてお昼からですが、今回はスプーン作りと同日にすることになったので、午前中です。
この時間割もいろいろと試して、良き落とし所を見つけていけたらと思っています。

posted by トモ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

小さな椅子作りをしました。

先日、初めての木工教室をしました。
橿原市八木町のカフェで木工教室。


同じ木を扱う教室でも、普段やってるスプーン作りと、家具を作るというのとでは、
準備する道具、材料、教える内容、参加者さんが何を求めてきているのか?が全く違います。

十八製作所の目指しているワークショップは、楽しいだけじゃないというのが根底にあって、もちろん楽しんで作ってもらわなければならないんですけど、
木工の知識が増えて、今後その知識が生活の中で使える内容にしたい、という思いがあります。

だから、この木工教室で作るのは小さな座椅子ですが、これを作る過程で、道具の使い方なんかを学んでもらえるように考えています。

いろんな意見をいただいたので、それを踏まえて、木工教室の内容を検討します。
3月中には始めたいので、また詳細が決まりましたら、こちらでご案内しますね。

さて、それとは別に、春には別の場所で新しくワークショップをするのがあります。
■近鉄文化サロン阿倍野ハルカス本店
木のカトラリーを作ろう
4月から毎月第2木曜日 10:00〜
https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/shinsetsu/#07

体験教室が3月9日にありますので、大阪方面でご興味のある方は、体験だけでもどうぞ〜。
体験教室についてはこちらから↓
https://www.d-kintetsu.co.jp/bunka-salon/abeno/lesson/

■産経学園 奈良登美ヶ丘店
4月15日(土)10:00〜
寄木のアクセサリー作り。2つずつお作りいただけるワークショップです。

posted by トモ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

木工ワークショップのモニター募集

十八製作所では、新たなワークショップを始める準備をしています。

目指すのは、
ホームセンターで手に入る材料で、
道具も最小限のもの、
木工の基本が学べ、それを応用・活用できる。

2つのコースがあります。
【1】座椅子 高さ100ミリ、300ミリ×200ミリ程度(多少変る可能性があります)
木工教室で座椅子を作ります


材料はタモの集成材です。
正座する時や、ちょっとした腰掛に使えます。

これを作る過程を通して、学べる内容は
■木の扱い方、作るものと選び方
■えんぴつ線の引き方
■寸法の測り方
■のこぎりの使い方
■ノミの使い方
■簡単な相欠き継ぎ
■ドリルの使い方(ビスの下穴の開け方、ビスの締め方)
■木栓の作り方
■穴の埋め方
■塗装
木工教室で木栓の方法を教えます


これらを応用して、ホームセンターなどでカットしてもらったら簡単に棚やテーブルが作れるようになるはずです。

【2】丸張り座椅子 (高さ100ミリ、直径300ミリ)
座面の張り方教室


脚の部分の加工をしてもらい、メインは椅子の張り方です。
■えんぴつ線の引き方
■寸法の測り方
■のこぎりの使い方
■ノミの使い方
■簡単な相欠き継ぎ
■ドリルの使い方(ビスの下穴の開け方、ビスの締め方)
■布の張り方
が学べます。
種類にもよりますが、ダイニングチェアなんかは張りかえれるかもしれません。

以上のような内容で考えていますが、普段木工などしない方にとって、これがどのぐらい難しいのか、はたまた簡単なのか?がわかりません。

そこで、このワークショップを試していただく方を募集します。
そこそこ不器用な方、プロでない方、終わった後に意見を言ってくださる方。

2月16日(木)
【1】13:00〜 【2】16:00〜
タモの座椅子 (前半定員に達しました、後半残席2名)
丸張り座椅子 (定員に達しました)
3時間ほどを想定していますが、長引く場合があります。
場所はカフェギャラリージユク(橿原市八木町2-4-20)
持ち物、電卓、普段お使いのメジャー(あれば)

→丸張り座椅子希望の方は、張り生地はご用意した中から選んでもらえます。張りたいものがあれば、45センチ角ぐらいのものを持参ください。(料金は変りません。生地によっては張れないものもあります)

→作業しやすい格好でお越しください。
→怪我する可能性があります。
→見学、同伴はご遠慮ください。

お申し込み、お問い合わせは
18factory☆gmail.com(☆→@に変えてください)
氏名、当日連絡のつく電話番号、人数、何時からの回か、何を作りたいのか、今後何を作りたいか?
を明記して、メールをお送りください。
お問い合わせフォーム↓↓
http://18factory.com/mail/mail.html

2月14日締め切りです。
メールは1日以内に必ず返信しています。返信が届かない場合は、迷惑メールに入っているか、ブロックされていることがありますので、再度ご連絡ください。
電話では受け付けておりません。

あと、2月16日はついでに端材市をやります。
例の100円とかのです。よろしければ、そちらもどうぞ。

posted by トモ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

テレビボード

ブラックウォールナットのテレビ台です。
というか、テレビ周りの収納棚です。

ブラックウォールナットのテレビボード


中に収納したい機材と、窓枠との寸法との兼ね合いで、こだわりが凝縮されてます。
やっぱり、テレビボードを注文される方は、AV機器に凝ってる方が多いですね。

ビフォー。
作り付けのテレビボードを製作しました


新築のおうちで、まだもう少し家の工事もある模様。
でも、壁のどこに間柱があるのか?とか、電線がどこにあるのか?とかが工事中なので、大工さんとかに指示してもらえたので、ちょうど良かったです。

引越しして、使ってもらえる日が楽しみです。

posted by トモ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

キッチンカウンター収納棚

あけましておめでとうございます。
2017年も、家具作りを中心に、いろんなことをしていきたいと思います。
本年もよろしくお願いいたします。

2016年、最後の納品は、キッチンカウンターの収納でした。
キッチンカウンターの下の収納を作りました。


引き出し式の食器棚です。
キッチンカウンターの収納。引き出し型の食器棚です。


写真で上手く撮れなかったんですけど、このカウンターはとても大きくて、写っているのは半分なのです。
これだけのスペースがあれば、料理するのもストレスなくできそうです。

posted by トモ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

ナラの木のテーブルとベンチ

楢の木でダイニングテーブルとベンチを作りました。
新築のおうちで、ナラは床板と合わせて。
オーダーのダイニングテーブルとベンチ。


天板の下には収納棚があります。あると便利ですね。
ナラの木のダイニングテーブルとベンチ。天板の下にはモノを置けるスペースがあります。


結構大きくて、組み立てると1人では持ち上げられません。
楢の木のダイニングテーブルとベンチ。180センチ

1800×900×650
高さは最近人気の低めです。

posted by トモ at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 家具製作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする