2017年02月09日

木工ワークショップのモニター募集

十八製作所では、新たなワークショップを始める準備をしています。

目指すのは、
ホームセンターで手に入る材料で、
道具も最小限のもの、
木工の基本が学べ、それを応用・活用できる。

2つのコースがあります。
【1】座椅子 高さ100ミリ、300ミリ×200ミリ程度(多少変る可能性があります)
木工教室で座椅子を作ります


材料はタモの集成材です。
正座する時や、ちょっとした腰掛に使えます。

これを作る過程を通して、学べる内容は
■木の扱い方、作るものと選び方
■えんぴつ線の引き方
■寸法の測り方
■のこぎりの使い方
■ノミの使い方
■簡単な相欠き継ぎ
■ドリルの使い方(ビスの下穴の開け方、ビスの締め方)
■木栓の作り方
■穴の埋め方
■塗装
木工教室で木栓の方法を教えます


これらを応用して、ホームセンターなどでカットしてもらったら簡単に棚やテーブルが作れるようになるはずです。

【2】丸張り座椅子 (高さ100ミリ、直径300ミリ)
座面の張り方教室


脚の部分の加工をしてもらい、メインは椅子の張り方です。
■えんぴつ線の引き方
■寸法の測り方
■のこぎりの使い方
■ノミの使い方
■簡単な相欠き継ぎ
■ドリルの使い方(ビスの下穴の開け方、ビスの締め方)
■布の張り方
が学べます。
種類にもよりますが、ダイニングチェアなんかは張りかえれるかもしれません。

以上のような内容で考えていますが、普段木工などしない方にとって、これがどのぐらい難しいのか、はたまた簡単なのか?がわかりません。

そこで、このワークショップを試していただく方を募集します。
そこそこ不器用な方、プロでない方、終わった後に意見を言ってくださる方。

2月16日(木)
【1】13:00〜 【2】16:00〜
タモの座椅子 (前半定員に達しました、後半残席2名)
丸張り座椅子 (定員に達しました)
3時間ほどを想定していますが、長引く場合があります。
場所はカフェギャラリージユク(橿原市八木町2-4-20)
持ち物、電卓、普段お使いのメジャー(あれば)

→丸張り座椅子希望の方は、張り生地はご用意した中から選んでもらえます。張りたいものがあれば、45センチ角ぐらいのものを持参ください。(料金は変りません。生地によっては張れないものもあります)

→作業しやすい格好でお越しください。
→怪我する可能性があります。
→見学、同伴はご遠慮ください。

お申し込み、お問い合わせは
18factory☆gmail.com(☆→@に変えてください)
氏名、当日連絡のつく電話番号、人数、何時からの回か、何を作りたいのか、今後何を作りたいか?
を明記して、メールをお送りください。
お問い合わせフォーム↓↓
http://18factory.com/mail/mail.html

2月14日締め切りです。
メールは1日以内に必ず返信しています。返信が届かない場合は、迷惑メールに入っているか、ブロックされていることがありますので、再度ご連絡ください。
電話では受け付けておりません。

あと、2月16日はついでに端材市をやります。
例の100円とかのです。よろしければ、そちらもどうぞ。

posted by トモ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 木工ワークショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック